断熱塗装、遮熱塗料で電気代も節約できます。

> 神奈川・横浜発~断熱塗装、国家資格職人からの生中継!! > 断熱塗料の5度塗り。屋根からの熱をシャットアウトする屋根断熱塗装

断熱塗料の5度塗り。屋根からの熱をシャットアウトする屋根断熱塗装

2014年2月18日

キルコート断熱塗料を使用しての藤沢での屋根断熱塗装の作業をお届け!

しっかりと高圧洗浄をし、鉄部のさび止めを完了させたら、いよいよキルコートの工程に入ります。

まずは、キルコート断熱塗料専用のシーラーを塗っていきます。
塗料には、メーカーにより規定で決められている専用のものがあったりしますので、質の良い工事をするには、塗料選びも大切です。

最初は、ローラーでは塗ることができない縁や隙間などを刷毛で塗っていく、ダメ込みという作業です。

キルコート断熱塗料専用シーラー塗布作業

このダメ込みが終わると、専用シーラーのローラーでの塗布作業です。

キルコート断熱塗料専用シーラー塗布のローラー作業

シーラーが接着剤の役割を果たしてくれるので、上から塗るキルコート断熱塗料の密着度が増します。
いわゆる下塗りという工程になります。

この下塗りが終わると、中塗り作業になります。
下塗りと同じく、刷毛で隙間や細かい部分を塗っていきます。

キルコート断熱塗料の中塗りダメ込み作業

キルコートの性能を存分に発揮するため、中塗りの工程を2回繰り返します。

キルコート断熱塗料の中塗りローラー作業

キルコートは、熱を遮断する断熱の性能と、太陽光を反射し熱が溜まるのを防ぐ遮熱の性能をもっています。
夏も冬も大活躍の断熱の性能に合わせて、遮熱の性能が合わさることで、夏の室温…特に2階のお部屋の室温などは、格段に違うという感想もだいぶ頂いています。

次はいよいよ上塗り作業です。

キルコート断熱塗料の上塗りダメ込み作業

同じように、ダメ込み作業をして、ローラーで塗っていきます。
中塗りと上塗りで色を変えることにより、塗り残しなく隅々まで塗ることもはっきりと確認できます。
上塗りも中塗り同様に2回工程を繰り返すのですが、その前に縁切り作業を行います。

キルコート断熱塗料の縁切り

縁切りは、屋根のスレート同士の隙間が、塗膜で塞がってしまわないように行う作業です。
このスレートの隙間が塞がってしまうと、通気の問題で内部が傷みやすくなることもありますし、ちょっとした隙間か入りこんだ雨水などが溜まって、雨漏りの原因になってしまったりしてしまいます。

縁切りは毎回行うものではなく、塗装の状況や、塗料の種類など、状態に合わせて行うことが大切です。
キルコートの場合は、濃厚で厚い層の塗膜を形成するため、縁切りが必要になったりします。

最終的な上塗りをする前に縁切りを行い、この隙間が塗膜で塞がるのを防ぐ、タスペーサーというものを差し込んで上塗りを行いました。
タスペーサーを最初から差し込んでおけば…と思う方もいるかもしれませんが、タスペーサーを差し込んだスレートを、誤って上から踏んでしまった場合、スレートが割れてしまったりする恐れがあるので、必要最低限にしておくことが大切です。

こうしてまた同じ上塗りの塗装工程を繰り返し、キルコート断熱塗料を使用した屋根断熱塗装の完成です。

キルコート断熱塗料の上塗りダメ込み2回目

断熱と遮熱の効果で室温は快適、そして、5層の厚い塗膜で、耐久性も非常に高いキルコート断熱塗料での、屋根断熱塗装の現場からでした。

実際の施工事例報告

ご案内

現場管理者・防水職人募集

私たち塗装職人はこんな活動もしています

▼横浜市役所の廊下塗装
横浜市役所ろうかプロジェクト

▼親子で参加の塗装体験教室
塗装体験教室

▼塗装チェックシート無料ダウンロード
はじめての外壁塗装facebookページへ

お問合せはこちらから

最先端の断熱塗料 ガイナ

職人日記

作業通信

わくわく塗装体験ブログ


塗装職人


関連リンク
横浜市役所の市職員による塗装
神奈川の家の外壁塗装・横浜塗装職人
はじめての家の外壁塗装サイト
神奈川・横浜のマンション外壁塗装や改修
タイヤの摩擦に強い、立駐機・立体駐車場の塗装
横浜塗装職人施工の日本ペイント次世代遮熱塗装
横浜で毎年開催、親子塗装体験教室
逗子・横須賀での外壁塗装
町田市と相模原市の外壁塗装
部屋の塗装 横浜塗装職人によるアカルクス
光触媒によるエコな塗料ハイドロテクト

Copyright © 2010 塗装職人 神奈川・横浜の断熱外壁塗装 All Rights Reserved.